シロかクロか

これでもう迷わない!ペットの違いがよくわかる図 > 終活 > シロかクロか

シロかクロか

2019年3月17日(日曜日) テーマ:終活
調査内容により、色々ではありますが、多くの場合、調査は2人くらいでおこなうといわれています。


ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、調査員が1人で浮気をしているかの確認を浮気が確実なものとなったなら、再度相談をして調査員の数や方法など進むべき方向を決めます。どのような行動をしているか記録することで浮気の根拠を示せることもあります。


日々の人間の行動には、ほぼ習慣が可能です。

しかしながら、浮気をしている人は、決まったパターンが崩れます。



変わった曜日や時間帯を断定ができたら、動き方をよく見ていると、浮気の根拠を示す目途が立ちやすくなります。

所以もわからず自分で動き回るよりは、浮気調査は探偵に頼みましょう。専門家である探偵にお願いすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

自分が所以もわからず手当たり次第に調べても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。しかし、相手を責め立てても頑として浮気してない、と言い張ったら、有利な条件での離婚はできないでしょう。
そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。日頃、相手の生活している様子を注意しながらみることは自分ひとりでもできるのですが、浮気の事実を決定づける証拠を入手するためには、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方がエラーありません。


それに、探偵に頼んだ場合には、ただ、浮気に関する調査報告を貰うだけでなく、豊富な経験に裏付けされたアドバイスを貰える、という付加価値もあるのです。


探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1時間で1万円から3万円ほどと考えてください。

当たり前のことですが、調査員が1人であれば安く、増えるほど高くなります。また、尾行のために車やバイクを使うと、別途交通費や車両費の名目で請求があがってくることがあるので、要確認です。
もし、あなたの結婚相手が不倫をしていた場合、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。

ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、夫婦の関係が冷め切ってい立ときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料をもとめる事が出来ません。



慰謝料の金額というのは、どのくらいの精神的苦痛があったか、夫婦の歳、結婚年数などいろいろな角度から検証して裁判所が慰謝料を決めます。
例え、配偶者が浮気している場合でも結婚生活を解消したくないのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはするべきではありません。浮気の事実を突き止められるとパートナーの感情を逆なでしてしまい、離婚を避けられない事態に陥ることもありえます。しかも、浮気相手に直接関わった結果、大きなストレスになってしまうのです。探偵の浮気調査の場合でも時には失敗することもあります。探偵が浮気調査に精通しているといっても、予期せぬトラブルに見舞われることがありえます。


調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。また、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠を掴みきれません。調査機関に依頼し立ところ、自分の結婚相手の浮気が見つかったならば、離婚するかしないか心が乱れますよね。まずは落ち着いて、先に探偵事務所に依頼の電話をかけてしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。

夫婦というものは法律上お互いに貞操を守る義務がありますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活を解消するのもいいでしょう。



探偵を頼むにはお金が掛かりますから、自分でやってみようとする人もいるものです。



テレビドラマだと尾行は大変そうに見えませんが、いざ、自分がしてみると相手に勘付かれずにつけるのは想像以上に難しいはずです。
変に思われてしまえば警戒されるので、浮気をウヤムヤにされてしまう場合だってあります。


あったことをなかったことに指せないためには、迷わず探偵に浮気調査をしてもらったほうが得策です。
尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、尾行時間が短い探偵の方が、お金がかからなくなります。よって、探偵に尾行依頼をするなら、パートナーの日常の行動を観察しておく必要があります。最も疑いのある時間帯や曜日に尾行をして貰うと、探偵側も余計な手間がかからず、双方にとって利益があります。

なんとアルバイトの探偵がいる例があってしまうのです。探偵をするアルバイトを検索してみると、そのシゴトの募集を見つけるでしょう。

ということは、バイトを使っている探偵事務所も多いのです。

浮気をしているのか調べて貰うのならば、個人情報がないと調査のしようがないですよね。ですが、バイトだと唐突に退職することもありえますし、見た情報を他人に流すことも否定できません。


もし浮気をする曜日、時間がはっきりしているのならば、調査期間は短くなりますので、それだけ調査費用が節約できる所以です。
しかし、浮気をしている日時が気づいている場合でも、知人に相談して写真を撮ってくれることになっても、成功することはほぼないはずです。

ひそかに証拠を握りたいときには探偵に頼むのが一番いいに決まっています。

なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、ある程度自分で前もって調べておくことです。


調査と聞くと大変そうに聴こえますが、そんなことはありません。ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけで良いだけです。

毎日の出勤時間、帰宅した時間、電話が掛ってきた場合は、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。

浮気調査をプロの探偵に依頼して証拠を掴向ことができても離婚をしないという選択肢もあります。



ご夫婦にコドモがいる場合ですと特に配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、理由をつけて支払われないことも多いですから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。
男手一つで育てることも、また同様にシゴトを両立指せることは簡単では無いでしょう。
着ている服を見て決定的な浮気の証拠を発見できます。人が浮気をすると、目立って現れてくるのは身なりの変容です。



おしゃれをすることにはそれまで関心がなかったのに、おしゃれを急にするようになったら注意する必要があるでしょう。


この先、浮気に進展しそうな人や、前から浮気の相手が存在するかもしれません。
実際、もう離婚になってもいい、その場合の慰謝料は少しでもたくさん取りたいとの考えなら、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、さらに揉める可能性が高いので、止めるようお願いします。信頼できる人に一緒に行って貰うなら、感情的になり事件を起こすことが避けられます。
信じて頼れるような人がいないなら、探偵等に頼向ことを御勧めします。成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、調査に成功した場合でないと報酬を得られないリスクというが大聞く、成功した場合の料金が割高に設定されています。
そのようなケースも勘案した場合、成功報酬制を採用している方が、浮気の調査費用が安くなる所以ではない為す。


調査に対する実績なども確認して、料金システムに関して不安がない探偵事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。

不倫の場合、慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚しなくても慰謝料を請求することが可能ですが、その金額は少なくなってしまうでしょう。さらに、不倫相手の方が配偶者との肉体関係を認めないときには証拠が必要となります。


第三者からみてもはっきりとした不倫の証拠が必要です。

これと言って無いと言ってもいいですね。
いっしょに、浮気調査から身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、違いのないシゴトです。



ただ、違いをあげるとしたら、依頼は、企業や団体は興信所に、個人からの依頼の多くは探偵事務所に行っています。法律的に、結婚している男女がパートナー以外の人と自分の方から性的に親密になることを不倫と言います。つまり、法律的にいうと、男女関係に発展していなかったら食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではありません。
性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に調査を依頼してみることが可能です。夫婦関係にある人の浮気を調べるのを探偵に頼む時、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間を前もって協議します。
1時間で1万円以上もの費用がかかるので、浮気調査をした時間が長ければ長いほど高額の調査費が必要になってしまうでしょう。

調べる人の事務所により、はたらかせる道具や調べる人の才能は異なりますので、口コミなども調査した方が良いかと思います。



GPSが繋がるものを使って、良く行く場所を調べて、良く見える場所で観察し続けると、いつかは来るはずですから、現場を押さえられると考えられます。

調査依頼には費用が必要ですが、ご用意いただけない場合には、GPSで調べるだけでも、ひとつの方法ではあります。



GPS端末が付けられていることが知られてしまう事があります。


浮気調査でなにより大事なのは、不倫相手の存在を明らかにする事です。



確かな浮気の痕跡を入手出来ない場合には調査を続行するかどうか、この時点で決定されます。



不倫相手の存在が確かになればここで浮気相手が誰かを探ることとなります。
シゴト先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、些細な痕跡も見逃さぬよういろいろな方法で、パートナーと不実を働いている相手を証拠として押さえるのです。



車の目たたない場所にGPS端末を装着して、行動を常時監視し続け、現在地を把握したり、記録したデータを後から取り出して調べたりします。

普段、運転しないような人の場合は、普段、もち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくこともできるのです。これで相手がどこをどう移動して、滞在した時間も割り出すことができると思います。



浮気をしている事がSNSを通じて明るみになることもあります。

SNSは実名を公表しないので注意不足で相手が、プライベートを事細かに書いてしまう事が散見されます。
時には、言い逃れのできない様な浮気の事実をネットに公表している場合もあるのです。相手のアカウントに気づいているのなら検索してみて下さい。ひんぱんに掛かってきたり繰り返し、また定期的にその電話番号に掛けていたりしたらその相手が浮気相手であるという可能性はある程度エラーないと思われます。

その後、その電話番号のもち主を見つけ出せばいいのです。ですが、気の回るパートナーですと、浮気相手との電話が終わったら電話履歴を消していることも多々あり得ることです。実際に浮気調査にかかる期間はどれぐらいなのかというと、普通は1週間以内にはおわります。



とはいっても、これはあくまで一般的な期間です。
浮気を疑っているパートナーがとても用心深かったりすると、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあり得ます。逆に、怪しい日があらかじめ分かっているなら、1日で十分な証拠が集まることもあります。

探偵の場合には、怪しむ人のないように充分に用心しながら地味にコツコツと調査していきますが、身辺調査・企業調査などを多く依頼される興信所の方は、自分の目的を話して公然と調査をおこなうことが多いです。探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、興信所はというと、対象に関する情報の収拾に適していると結論できそうです。



洋服の好みが変化してきたら、危ない予兆です。趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかもしれません。ある日から、服装が年相応でない色や柄のものをセレクトし出したら、おもったより浮気のおそれがあります。服の中でも、きれいな下着をつけるようになった時、浮気をしている場合が多くあります。